2005年03月14日

エリオット波動理論

米国のラルフ・ネルソン・エリオットが考えた株価の変動からその挙動をテクニカルに予測する理論の一つ。この理論では、株価の変動が5つの上昇波動と、それに続く3つの下降波動を交互に繰り返すパターンから成り立っていると考える。株価がどの段階にいるかを解析し、売買のタイミングを推測する。他のテクニカルな分析方法と重複する部分もある。またこの理論は数学のフィボナッチ数列との関係があり、株価の天井や底の期間がその数列の値に一致すると言われる。数学の先生によると、この理論には付加された場合分けが多すぎて、数学的な根拠はないそうであるが、経験的にこの理論に一致するケースがよく見られるということである。



株すかうと−株価自動収集プログラム はこちらからどうぞ。

株すかうと−株価自動収集プログラム
posted by pananoinu at 19:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 株式指数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2413754

この記事へのトラックバック

今日のライブドア!〜東芝とターボリナックスがLinuxサーバービジネスで協業
Excerpt: (株)ライブドア 15:00 350 +12 +3.55% 121,412,024 判決後、初めての営業日は、出来高こなして株価上昇。 ライブドアがフジサンケイと提携したらどんなことができる?..
Weblog: デイトレしない投資家deepの株式投資日記☆行け!ライブドア!
Tracked: 2005-03-15 01:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。